Softbank→ahamoに乗り換えました LINEMOにしなかった理由

スポンサーリンク

携帯料金安くならないか気になりませんか?気になってるけど、切り替えがめんどくさいなぁって思いますよね。長年Softbankのユーザだったのですが、この度ahamoに乗り換えしました。この記事では、Softbankユーザがahamoに乗り換えたときの流れ、選んだポイントについて書いていきます。回線を選ぶ参考にしてくださいね♪

Softbank、ahamo 実際の請求料金比較

前契約の状態はこんな感じでした。

【Softbank 3月の明細】

スマ放題ライト 1,700円 

(更新期間 2022/3/21~2022/6/20)

データ定額5GB 5,000円

オプションサービス料 950円

(WEB使用料300円+あんしん保障パックプラス650円)

その他サービス料 2円

機種代金 2,380円(28/48回)

とくするサポート 390円

消費税 765円


合計 11,187円

スマ放題ライトはこのように割引されています。

通話定額ライト 3,200円 – スマ放題専用2年1,500円 = 1,700円

乗り換え後のahamoの請求

基本使用料 2,700円

通信料 3円

その他ご利用料金 3円

(ユニバーサルサービス料 2円、電話リレーサービス料 1円)

消費税 270円


合計 2,976円

乗り換え後のSoftbankからの請求

機種代金 2,380円(28/48回)

オプションサービス料 650円

消費税 303円


合計 3,333円

合計で 6,309円でした。その差は 4,878円。

なぜ乗り換え後にもSoftbankから請求がくるのか?それについてはあとから解説していきますね。

あれ?思ったより安くなってない??

端末代がまだ残ってるんだよね。。。

でも、同じ品質、使用できるギガ数が5GBから20GBにあがって、毎月5000円ほど節約になります。年間で60,000円って考えると大きいです!!



LINEMOにしなかった理由

Softbankの格安ラインはLINEMOですが、わたしがLINEMOにしなかった理由は

・LINEはメッセージのやりとりくらいしか使わない

・3GBだと足りない

LINEMOは、LINEの使い放題がウリなのですが、メッセージを時々やりとりするくらいでした。LINE電話を使うこともないし、使うとしてもWifi環境。また、LINEMOは、3GBのさらにお安いプランがあるのですが、3GBだと足りないので、メリットを感じることができませんでした。

ahamoにしてよかったこと / うーんと思っていること

よかったこと

・毎月の携帯料金が安くなった!!

・ドコモの回線を使えるという安心感

・使えるギガも5GB→20GBと大幅にアップしているので、今まで我慢していた通勤中や、会社で、心配なく動画を見れるようになった。

・家族割や、色んな割引に引っ張られることがないので考えることが少ない

・海外でのデータ通信も20G内で利用できる!!

うーんと思っていること

・地下鉄や、地下街でつながりにくいときがある

・SMSが来ないときがある(調査中)

・スマホ本体の残金がSoftbankで残っている。郵送での交換修理ができないようなので、これからどこで調達しようか考え中

切り替えは本当に簡単だった!!

切り替えは本当に簡単でした。全体的には満足しています。今なら切り替えるとお得な特典もついてきますので、ぜひ切り替えを検討してみてくださいね♪

ahamoの申し込みはこちらから
タイトルとURLをコピーしました