CBT試験 おすすめ会場ランキング・気をつけたいこと

基本情報技術者試験(FE)、情報セキュリティマネジメント試験(SG)がCBT試験に変更になりました。合わせて3回、午前午後を合わせると6回、3会場で受験した経験を踏まえておすすめの会場をランキングしていきます。独断と偏見になっておりますので、参考程度にお読みください。

スポンサーリンク

CBT試験 おすすめ会場ランキング

エリアは大阪梅田となります。

大阪駅前第3ビル3F(エンカレッジ)

アクセス◎受付もスムーズで、人の出入りも少ない。落ち着いて受験できた。

東梅田パークビル2F

受付がもたついていた。案内が少し不親切に感じた。シャーペンの消しごむがついていないなど備品の不備あり。

京橋大発ビル

駅から少し遠い。電車の音など騒音あり。落ち着いて受験ができなかった。

1位 大阪駅前第3ビル

アクセス至便

受付の対応がスムーズ

防音対策ばっちり

JR大阪駅、北新地駅、大阪メトロ東梅田、梅田からはアクセス至便な大阪駅前第3ビルの3Fにあるテストセンターです。こちらのよかったところは、受付の対応がスムーズだったところ。落ちついてテストを開始することができました。また、フロア全体が広く、あまり出入りのないビルなのでとにかく静かなところもイチオシです。そのうえ、防音対策用のイヤーマフもブースに一つ付属しているので防音対策はとにかく安心。ここが空いていたら、とるべき試験会場。

▼▼入口はこんな感じです。上りエスカレータ降りてすぐのところにありました

2位 東梅田パークビル

アクセス至便

受付の手際が悪く、開始までの案内が明確でなかった

人の出入りが気になる

備品の不備あり

大阪メトロ東梅田からアクセス至便なWhity泉の広場をあがったところにある、東梅田パークビルの試験会場です。アクセスは至便はよかったです。

IPA試験と、簿記試験、他の試験も同じフロアの会場で行われていたようですが、どこの会場かちょっとわかりにくかったです。やっと部屋を見つけてもそのあとの説明を何回もされたり、後回しにされたり・・・という感じでちょっと焦りました。(受験日の状況がたまたま悪かっただけかもしれません)

また、シャーペンを貸してもらうのですが、かなり使い古した感じで使いにくく、うしろの消しごむもとれていました。全部とっているのかもですが・・・フロアも狭いので、全体的に窮屈な印象でした。

防音用のイヤーマフはブースについていました。

3位 京橋大発ビル

駅から遠い

建物内外の騒音がひどい

京橋駅からOBP方面に向かう途中の川沿いにあるビルです。京阪、環状線の京橋駅からだと少し歩きます。

こちらは、建物外から、電車の走る音(環状線が近くに走っている)、飛行機の音、車が走る音、歩く人の話し声が聞こえ、建物内部からは、次の時間の受験者への説明が聞こえてとにかく静かにして・・・といった気分になりました。

あまりにもうるさかったので、終了受付の際にいうと、「言ってもらえればイヤーマフ貸出したんですが・・・」とのこと。事前案内もなかったので、貸出があることすら知りませんでした。FEの午後で相当ナイーブになっていたので、精神的にちょっとつらかったです。

(こちらで受けたときは2021/2なので、現在は改善されているかもしれません)



スポンサーリンク

音に敏感な方は気を付けて!!

特に音に敏感な方は、イヤーマフを積極的に使われることをおすすめします。

CBT試験では、同じ部屋に色んな時間帯の受験者がおり、また、一定時間をすぎると自由退出になるので、人の出入りが結構あります。さらに、試験会場の壁やドアに防音設備がないと、次の時間帯の受験者の説明が丸聞こえだったりするので、集中力が途切れやすいです。

梅田の2会場は、デスクにイヤーマフが設置していましたが、京橋にはありませんでした。貸出可能ということだったので、気になった場合はためらわずに係員の方に依頼してください。イヤーマフがあると、ぜんぜんちがいますよ!!

また、試験会場にいる係員の方はバイトの方なんだろうなとお見受けしたので、係員の判断で断られても、納得がいかなければ責任者に確認するようにねばってみてくださいね。

最近は試験の様子を録画もしているようですが、試験の環境は大切なことなのです、しっかり整えていきましょう!!

タイトルとURLをコピーしました