ザ・ゲートホテル東京 ~感動の朝食~

ザ・ゲートホテル東京の朝食

Gotoを利用して、有楽町・銀座にありますザ・ゲートホテル東京(THE GATE HOTEL TOKYO)へ泊ってきました。おいしすぎて感動した朝食を2泊分レポします!!

※わたしが行ったのはコロナ禍の真っ最中でしたので、形式は通常と異なるかもしれません。2020年10月時点のものとなります。

メニューはこんな感じ

THE GATE HOTEL TOKYO 朝食メニュー

サラダ、フルーツ、パンは共通でメインが、エッグベネディクトかフレンチトーストから選べます。お値段は…単独で見ると、おぅって感じですね。でも、きっとこの記事を読み終えるころには朝食付きのプランを選びたくなるはず。それでは行ってみましょうー!!

1日目

1日目は出発まで時間の余裕がなく、コースを一気に出してもらいました。フルーツは豪華にカッティングされており、サラダはもちろんおいしいドレッシングがかかっています。

パンとスープ。パンはレーズンとクルミのパン、クロワッサン、プレーンなパンの3種類にエシレバターがどどーんとついてきます。スープは日替わりで1日目はミネストローネ、2日目はコンソメスープ。ホテルメイドの滋味深いスープ。

特筆すべきは自家製マーマレード

パンにマーマレードがついてくるのですが、これがすごく好み。一口食べた瞬間で、あ、これは瓶に入ったジャムじゃないなと思いました。あとにでてくるフレッシュオレンジジュースの大量の皮で作られているのではないかと推測しています(あくまで推測)。皮の苦みがあって、果実味が少ない分、ほどよい甘さ。まさに大人のマーマレード!!!手間はかかるけど自分で作るとこんな感じになるのかな。

エッグベネディクト

どーん!ハッシュポテトとウィンナーもついてるーーー!!(うれしい)

たまごを割ったら、とろーっと黄身が流れる。こんなエッグベネディクトにふさわしいたまごのゆで方はあるでしょうかというくらい絶妙。

1つはスモークサーモン、1つはベーコンが挟まっていて、これも好みーーー!!!大興奮。グリルドトマトも地味に好き。温かい方が食べやすいよね。

この日はちょっと急ぎめで頂いて、上野へ急ぎました。上野情報についてもそのうちに!!

→→→ザ・ゲートホテル東京 by HULIC

2日目

フレンチトースト

わたし実はフレンチトーストがあまり得意ではないので、普段すすんで食べることはないのですが、(今回もエッグベネディクトがおいしかったので2日連続でもいいかなと思ったくらい)せっかくなので、2日目はフレンチトーストにしました。

結果、大・正・解ーーー!!!

上にはあまーいはちみつがとろーっと
中にはかりかりベーコンが!!

見た目はふつうのおいしそうなフレンチトーストなのですが、中からかりかりのベーコンが!!塩味がほしいよねーー!!うんうん!!このベーコンもほどよい厚さで、ほどよくかりかり。フレンチトースト感、かわります。

フレッシュオレンジジュース

オレンジジュースはカウンターで絞り機を使い本当の意味での100%フレッシュオレンジジュースを提供していただけます。ジューサーさえ使わないというところに、深くこだわりを感じるっす。これがもちろんすごく、すごくおいしい……水で薄めていない100%のオレンジジュース。こんな味だったんだ。

→→→ザ・ゲートホテル東京 by HULIC

まとめ

すごくおいしい朝食を2日いただいて、料理ってやっぱ丁寧に作るのが一番おいしいよね…って思いだした気がします。早く作ることとか、手間を省くことに注力してると、どうしても置いてきぼりになる。時短も大切な条件だから、それを否定するわけではないし、自分も料理するときは、毎日丁寧なんかやってられるかー!!ってもちろん思うんだけど、そんなことを思いました。

朝食3000円かぁ、高いな、つけようかなって迷ってる方はぜひ一度つけてみて!!!

ちなみに朝食のレストランの奥の方にテラス席があって、晴れてる日はあんなところで食事したいなと思いました。(わたしが行ったときは外国人の方が案内されていた。希望したらあそこに行けるかな。)

▼▼▼ホテルの公式HPはこちら▼▼▼

THE GATE HOTEL 東京 by HULIC
東京銀座のホテルならザ・ゲートホテル東京。デザインと展望にこだわり抜いたくつろぎのホテル
これはフロント側のテラスです。いい気持だったー。

おまけ(レストランAnchor Tokyoでランチ)

ランチも絶対おいしいと思うんだよね…ゆったりとして落ち着くし、落ち着いて有楽町でご飯をたべたいときにいかがでしょう。

→→→アンカートウキョウ(Anchor Tokyo)・ランチ
ランチも絶対おいしいと思う。2000円代。手ごろなんではないかと。

▼【PR】一休ホテル/レストラン

タイトルとURLをコピーしました