めだかが下向きにくるくる回る 動きがおかしいときの対処法

スポンサーリンク

めだかの動きがなんか変?

めだかを見てたら、あきらかに変な動きをしている子がいる。下に向かってトルネードのようにくるくる回る→ふわーっと上がってくるの繰り返し。どうしよう?めだか死んじゃうの?とても不安でした。このぺージを見ている方は、同じ状態で対策法を探しておられると思います。

家庭にあるもので応急処置が可能です。

塩浴させる

用意するものはお水と食塩

用意するもの

・水

・食塩(岩塩とかではなく、白いさらさらの塩)

・カルキ抜き(あれば)

以上で、濃度が0.5%の塩水を作ります。

濃度0.5%の塩分とは

水1000CC なら 塩5g (小さじ1)

これを混ぜると濃度0.5%になります。

あわてて落ち着いて計算できない方は、このレシピのまま作ってみてくださいね!

塩水を作ったら、めだかを移動!

塩水を作ったら、めだかを移動させます。この場合は、水合わせをしないまま移動です。そもそも今いる水が不調の原因かもしれませんので。

治療実績

塩水に移してすぐは、同じような動きをしていました。もうだめかも…と思いつつ、観察していたら1時間ほどたつと、復活して何事もなかったように泳ぎだしました!!

様子をみて、元気そうなら元に戻します。塩水に長いこといると、今度は皮膚が弱くなってしまい、それはそれで影響があるので、3日~5日を目安に元に戻しましょう。

この方法で何匹か回復させてきました。

症状結果
1くるくる泳ぐ1晩こせずにお星さまに。今思うと、このときは濃度が高かったかもしれない。
2くるくる泳ぐ塩浴で復活。今も元気。
3水面に横たわっているエラが動いていたので、かすかな希望をかけて塩浴。復活。今も元気。
4くるくる泳ぐ生後1か月の針子。塩浴で復活。戻して数日後にお星さまに。

塩浴で復活しためだかちゃん 元気になってよかったね!

なぜ塩浴なの?

めだかは体液よりのほうが飼育水より塩分が高いので、「浸透圧」を調整しています。塩水で飼育水の濃度を体液に近づけてあげることにより、弱っているめだかの負担を減らしてあげる効果があるそうです。また、0.5%の塩水で殺菌することができるので、なにか病気になっていた場合その菌を殺して治療してあげることができるそうです。

塩浴のほかに薬浴という方法もありますが、専用の薬品が必要になります。

みなさまの病気のメダカちゃんも元気になりますようにお祈りしています!!

タイトルとURLをコピーしました