現役社内SEがおすすめする、キッズプログラミング教材・教室 3選

はじめに

親世代にはなかった習い事が多く、何を選べばいいかわからないことが多いのではないでしょうか。現在の65%の子供たちが今は存在しない職業に就くと言われています。子供たちが働き始める、20年後にはさらにIT化が進み、今まであった職業がなくなるということです。IT化が進むということは、ITスキルは確実にあった方が有利です。そこで、現役でITに携わっているわたしの目線から、おすすめのキッズプログラミング教材、教室をご紹介します。

選び方

キッズプログラミング教材・教室を選ぶときのポイントはまずこの2点

  • 通学 (またはオンライン)で学ぶ
  • 教材で学ぶ

どちらにしても、お子様が楽しいと感じるかが大切だと思います。また、現時点ではキッズプログラミング教室は首都圏でしか開校していないところが多く、首都圏以外はオンライン授業をされている教室を選ぶか、教材でプログラミングに慣れることになります。これから首都圏以外にも教室が広がることを期待したいです。

Teck Kids School 渋谷校 【通学】【小学生】

こちら、かの有名なITメディア企業、サイバーエージェントが運営している老舗のプログラミング教室です。渋谷駅駅直結の大型商業施設内にあり、普段入ることのできないサイバーエージェントのオフィスで学ぶことができます。

【おすすめポイント】

  • 交通至便(渋谷駅直結)、安心
  • サイバーエージェントのオフィスで学ぶことができるので、最先端の雰囲気を味わうことができ、夢がある
  • メンター(インストラクター)がおり、コミュニケーションが苦手な子供たちもサポート
  • プレゼン能力を身に着けることができる
  • 無料体験レッスンあり

渋谷校のみ、かつオンライン講義は今のところないようなので、東京近郊にお住まいの方にはおすすめです。

▼▼ Teck Kids School 渋谷校

LITALICOワンダー 【首都圏】【年長、小学生、中学生、高校生】【通学、オンライン】

首都圏を中心に教室を展開中の ITxものづくりの教室 LITALICOワンダー。ゲーム、アプリ作成、ロボットクリエイトなど多彩なコースから選択することができます。一重にITと言ってもかなり幅広いので、いろんなことに触れておくのは必ずいい体験になると思います。

【おすすめポイント】

  • 東京(渋谷、秋葉原、赤羽、町田など)、神奈川(横浜、川崎など)、埼玉(大宮)教室展開
  • オンラインあり
  • 多彩なメニューからオーダーメイド、楽しく学べる
  • 学習やコミュニケーションに不安がある子供たちも安心
  • 無料体験レッスンあり

▼▼ LITALICOワンダー

レゴ教材

レゴロボット 【教材】【5歳~、10歳~】

あのレゴを使ったロボプログラミング教材があることをご存じでしょうか?これなら、遊びながらプログラミングを学び、動けば、動いた!という感動を味わうことができます。プログラミング学習においてこのような成功体験はとても重要なものになってきます。お父さんやお母さんが夢中になってしまうかもしれませんね。

【おすすめポイント】

  • レゴで遊びながらロボットプログラミングを体験することができる
  • 5歳~、10歳~の2つの教材
  • 近くにプログラミング教室がない子供たちに
  • レゴという身近な教材で、プログラムになじみのない保護者の方も親しみやすい
  • 子供1人でも取り組める発展的な課題を掲載したワークブックもあり、飽きずに学べる

知的玩具としていかがでしょうか。

▼▼レゴロボット教材

Z会プログラミング講座 with LEGO Education 【教材】【小学校1年生~】

通信教育で有名なZ会のプログラミング講座です。学齢によって3つ(現在申込ができるのは2つ)の種類があります。

【基礎編】  推奨学年:小1~小4/全12回(1年間)
子どもたちが思い通りにプログラムをし、楽しんでロボットを動かすことを重視

【標準編】  推奨学年:小3以上/全12回(1年間)
より多彩な表現が可能なキットを使って成功体験を積みながら、自分の力で問題解決ができるという自信を育てる

毎月”ミッション”が与えられるので、飽きずに続けることができます。

また、Windowsパソコンでプログラムが作れるところもいいですね。

プログラミングの思考は必ず将来役に立ちます。

最後に

最近はたくさんのプログラミング教室、教材があります。2020年からは小学校からプログラミング教育が必修化されます。わたしが小さいときにも、こんな習い事があればよかったのにななんて思いました。お子様にあったプログラミング教育を探してみてくださいね!

タイトルとURLをコピーしました