ふるさと納税、どうしてお得なの? -初心者さんへのすすめ-

ふるさと納税、お得お得というけど、なにがお得なの?

説明よんだけど、途中でめんどくさくなっちゃった

税のことだから、仕組みはやっぱり難しいよね。

やってみるとわかるんだけど、まずはざーっくりと枠組みを理解するのは大事!

ワンストップ納税を使って、まずは1自治体でお試ししてみる

結論からいうと、節税のことなので、いろいろと理解しようとすると難しいです(笑)

お得を実感するのは、まず、単純にほしいものや、応援した自治体を探してみる。

品物が決まったらワンストップ納税を利用するに✓をつけて、申し込んでみる。

これをやってみよう!

色々心配ならまずは1つの品物からチャレンジしてみましょう。

仕組みについてざっくり知りたいときは、下の記事を読み進めてみてね

ふるさと納税のざっくりとした仕組み

①ふるさとチョイスやさとふるなど、ふるさと納税のポータルサイトで、1万円のものを買った(寄付した)とします。そうすると、申し込んだ自治体から、申し込んだお礼のお品が送られてきます。ここまでだと、ただ10,000円で物と買ったのと同じことになりますよね。

②わたしはここにいくら寄付しましたよということを、自分の住んでいる自治体、寄付をした自治体にお知らせをします

③翌年の住民税と所得税から、寄付した金額から2,000円を引いた額が控除されます。

つまり、控除される=お得になるのは次の年なのです。

ここの2,000円とは事務手数料みたいなものと捉えておきましょう。

ワンストップ納税とは

② わたしはここにいくら寄付しましたよということを、自分の住んでいる自治体、寄付をした自治体にお知らせをします

これをどうするかというと、本来は確定申告で行います。しかし、会社員の方は会社の方がこれをやって下さっているので、確定申告なんてやったことがない方が大半だと思います。そこで登場したのが、ワンストップ納税。これを利用すると、送られてきた書類を寄付した自治体に送付するだけで、寄付した自治体がこの作業をやってくれるので、とっても楽です。とっても楽な分、寄付できるのは5自治体までと決まっています。ちょっと慣れてきて限度額ぎりぎりまで申し込むことになると、ちょっと意識しなければいけなくなりますが、確定申告をされたことがない方は、確定申告会場ってすごく混むし、楽な作業ではないので、まずはワンストップ納税を使うことをおすすめします!

ワンストップ納税を使うにはどうしたらいいかというと、サイトでお礼の品を申し込むときに、ワンストップ納税を利用するにチェックをつけるだけです。これを忘れないようにして下さいね!

ワンストップ納税を使うととにかく簡単なのね

あれ、やっぱりめんどくさいなと思っていませんか!?(笑)

来年から得になるなんて…待てないわね。やっぱりめんどくさいかしら。

ここまで読んで来年からお得になるだけかー、めんどくさいな、なんて思っているあなた!わたしもはじめは思いました(笑)でも翌年から、手取りが少し多くなるのは、結構助かります。わたしもかれこれ5年は続けてます。

会社勤めの方は、毎月のお給料から、市民税や所得税が引かれているのですが、そこから控除されます。つまり、毎月の手取り額が増えるのです。

例えば、去年合計30,000円寄付したとしましょう。2,000円引かれた28,000円が控除の対象額となります。28,000 / 12か月 = 約2,300円 が市民税、所得税から少なくなるので、この分手取りが多くなることになります。

給与が順当に上がる会社ならいいですけど、なかなか…ねぇ(笑)ちょっと手取りが増えるだけでもうれしいものです。

まとめ

寄付できる額は、収入や、家族構成によって異なるので、ふるさと納税ポータルサイトのシミュレーションを使って、まずは自分がどのくらい寄付できるのか、調べてみて下さいね。そして、ワンストップ納税を使って、初年度は1自治体。うまくいったら翌年から額を増やしてみてください。税金の仕組みも少しわかって、いい機会になること間違えなしです。

タイトルとURLをコピーしました